使える回線の種類で選ぶWiMAX端末。旧機種が最もおすすめ?

WiMAX端末には様々な種類があります。意外と知らない人が多いのですが、WiMAXを契約すると、実は3種類の回線が使えるようになるんです。WiMAX、WiMAX2+、LTEの三種類です。このうち、LTEは有料のオプションサービスです。

WiMAX2+がメインの回線で、最大110Mbpsの高速回線ですがプランによっては月7GB、ギガ放題プランでも3日で3GBまでの制限があります。

WiMAXは、WiMAX2+のおまけのような感じでついてくる回線ですが、意外と使いどころがあります。最大40Mbpsと比較的遅いですが、通信速度無制限です。WiMAX2+は通信量を使いすぎると通信速度制限があるので、通信速度制限がないWiMAXはかなり価値があります。「普段は使い放題のWiMAXで、いざというときにWiMAX2+を使う」という人も多いです。

3つめは、LTEです。これは月1000円の有料オプションです。WiMAXは室内だと極端に繋がりづらくなったり、地方だと提供エリア外だったりするので、そんなときLTEだとつながったりします。

このように、WiMAX2+に加入すると同時に3つの回線が使えるようになります。しかし、実は端末によっては、3つの回線全てに繋がるわけではなかったりします。

今最も人気の端末はWX01ですが、WiMAXは使えません。WiMAX2+とLTEのみです。これは、私はかなり不便だと思います。

WiMAXは唯一の通信速度制限がない回線で、「普段はWiMAX、いざというときにWiMAX2+」という使い方をしたい場合、最も使用頻度の高い回線になります。

ただ、WiMAXは徐々に規模縮小&廃止に向かってきていて、最近も一部地域で通信速度が最大40Mbpsから最大13.3Mbpsまでに変更されました。WiMAX2+の回線を増強するためです。今後は全国のエリアが最大13.3Mbpsになるかもしれませんし、いきなり廃止される可能性もあります。なので、WiMAXが繋がらないことは、デメリットにはならないかもしれません。

もう1つの最新端末、W01はWX01と比べるといまいち人気のない端末です。しかし、W01はWiMAXを使うことができます。LTEは繋がりません。

WiMAXが繋がるのは非常に便利ですよね。規模縮小といってもまだ全然使えますし、廃止といっても2年は大丈夫だと思います。この点に関しては、W01のほうが上だと思います。

旧機種のHWD15は、3つの回線全て繋がる端末です。この点に関しては、HWD15は最新端末より上です。

機能的にHWD15が最新端末に劣ることというと、最大220Mbps通信が利用できないことですが、べつにこれはなくても普通に使える機能です。3つの回線全てが使えることのほうがメリットとして大きいと私は思います。バッテリーの持ちも長いですし、HWD15を選ぶのもかなり有力な選択肢です。

スペックに現れない違いとしては、最新端末のほうが電波を受信しやすかったりしますし、操作するときの反応も良かったりします。

例えばGMOとくとくBBだとHWD15を選ぶとキャッシュバック額が上がったりしますし、これを選ぶのも十分ありだと思います。

USB型のWiMAX端末を選ぶメリットとデメリット

WiMAXの端末は、モバイルルーター型が主流です。モバイルルーターはスマートフォンのような大きさで、もちろん外に持ち運んで通信を行うことができます。モバイルルーター型が最もオールマイティに使えるので人気ですが、他にもUSB型の端末もあります。

USB型の端末は、一見あまりメリットがないように思えますが、実はメリットがいくつかあります。

まず、非常に軽いことです。重さは10~20g程度で、100g程度あるモバイルルーター型の端末よりも圧倒的に軽いです。なんでそんなに軽いのかというと、バッテリーを内蔵していないからです。USB型の端末は、パソコンからの電源で動くので、バッテリーがなくても大丈夫なんです。

2つめのメリットは、バッテリー切れの心配がないことです。そもそもバッテリーが無いので当たり前ですが・・・。

3つめのメリットは、簡単に使えるということです。パソコンに挿せば自動的にWiMAXで通信をすることができるようになるので、機械に疎い方でも安心です。

このように、USB型端末にはモバイルルーター型にはないいろいろなメリットがあります。では、逆にデメリットはなんでしょうか。

デメリットは、パソコン専用だということです。スマホやタブレットには使えません。しかし、デメリットはそれくらいなので、そもそもパソコンでしか使う予定がない人はUSB型の端末が最もおすすめです。

WiMAXの速度が低下?WiMAXは今後どうなっちゃうの?

WiMAXとWiMAX2+が別物だってみなさんご存知でしょうか。

WiMAX2+のことをたびたびWiMAXと略すため、かなりややこしくなっていますが、WiMAXとWiMAX2+というのは全く別の回線です。

WiMAXが最初に出た回線で、そのあとWiMAX2+が登場しました。

WiMAXは最大速度40Mbpsの通信量無制限の回線でした。WiMAX2+の最大速度が220Mbpsである今、40Mbpsってめちゃくちゃ遅く感じますが、じつは40Mbpsもあれば普段使いには全然十分なんです。

WiMAX2+には通信速度制限があるので、通信速度制限がないWiMAXは結構便利です。WiMAX2+を申し込むとWiMAXも同時に使えるようになるのですが、WiMAX2+は普段は使わずにWiMAXをメインで使う人も多いです。WiMAXはどれだけ使っても通信量制限がない唯一のモバイル回線です。

しかし、WiMAXの速度が今年から低下することになりました。これは地域によりますが、最大40Mbpsが最大13Mbpsまで制限されることになります。WiMAXは便利なオプションだっただけに、結構痛いです。

さらに、WiMAXは将来的に完全に廃止される予定です。WiMAXの帯域は完全にWiMAX2+に転用されるものと思われます。

そのぶんWiMAX2+を通信量無制限にしてくれれば良いのですが・・・どうなるんでしょうね。

WiMAXに通信速度制限?ギガ放題プランでも使い放題ではない

今まで通信速度制限がないことを売りにしてきたWiMAXでしたが、とうとう通信量による通信速度制限を導入してしまいました。

WiMAXには7GBまでの通常プランと通信量無制限のギガ放題プランがあります。ギガ放題プランはいままで通信速度制限がなかったのですが、今回3日で3GBを超えると回線の混雑具合によって通信速度制限をかけられることになってしまいました。

ギガ放題プランは通信量無制限のプランというふうにUQ WiMAX公式では言っていて、実際に通信量自体は無制限なのですが、通信量によって速度制限を受けることになります。これは告知前に契約していたユーザーも対象になるようで、ユーザーからはかなり不満の声が上がっています。

3日で3GBということは月30GBまで使えるわけで、他のモバイル回線は上限が7GBであることを考えるとかなり余裕のある通信量に思えますが、WiMAXのユーザーはwiMAXを固定回線のように使っていることも多く、月30GBは余裕でオーバーしてしまうという人も多いようです。

ただ、私が言っておきたいのは、この制限は実際にはかなり緩いものだということです。

まず、制限量をオーバーしても必ずしも速度制限がかかるわけではありません。制限がかかるのは、回線が混雑しているときだけです。

これはなにを示しているかというと、WiMAXの回線はかなり余裕がなくなってきているということです。もしこの制限がなかったら、同じWiMAXユーザーでも通信量を使いまくっている人もあまり使っていない人も平等に速度が低下することになります。それよりも、通信量によって速度制限を導入したほうがユーザーにとっては良いことではないでしょうか。

それから、制限後の速度は700kbps程度です。普通は、モバイル回線の制限後の速度は128kbpsが一般的ですが、WiMAXだと700kbpsは出ます。700kbpsというのはどういう速度かというと、普通に動画とかも見れますし、ほぼ全ての作業を支障なく行える速度だと思います。

WiMAXの弱点 地下や高層ビルの飲食店で使えない

このサイトはWiMAXを紹介するサイトですが、WiMAXにもデメリットはあります。今回は、それを紹介したいと思います。

WiMAXの弱点は、室内だとかなり電波が弱まることです。これはWiMAXの電波の特徴に原因があります。

WiMAXの電波は、かなり周波数が高い電波のようです。こういった電波は、障害物に弱く、遠くまで届かないという性質があります。なので、ビルの中など、室内だとかなり電波が弱まります。

周波数が低い電波は遠くまで届きます。地球の裏側に届いたりもするようです。船の通信用電波に使われてたりするみたいですね。その代わり、届けられるデータ量は少ないようです。

WiMAXにかぎらず、モバイルインターネットの電波は高周波数の電波のはずです。しかし、他のモバイル回線に比べても、個人的な意見ですが、WiMAXは特別室内に弱いように感じます。

友人と食事をしていたとき、友人のLTEは繋がるけど私のWiMAXは圏外・・・なんてことがよくあります。WiMAXのユーザーのなかには、カフェやファミレスなどで仕事をしたくてWiMAXを契約している人も多いと思いますが、それで「室内では繋がらない」では困りますよね。

私は実はそれほど飲食店でWiMAXを使う機会はないので、その点に関しては検証できていませんが、かなりその点に関して不満がある人は多いようです。

ただ、WiMAXには有料オプションですが同じ端末でLTEを使える機能があります。WiMAXが繋がらない場所ではこのオプションを使用することでかなり弱点を補うことができると思います。

このオプションは1000円の追加料金がかかります。1000円でもう1つモバイル回線が契約できると考えると破格の安さですが、元々WiMAXだけでいくつもりだったのに・・・という人にとってはちょっと高いですかね。

モバイル回線の中で最もWiMAXが人気の理由

モバイル回線の中で最も人気があるのがWiMAXです。その理由は、通信速度が高速なこともありますが、最も大きな理由は通信量が無制限であることです。

モバイル回線のなかで通信量が無制限なのはWiMAXだけです。

そういえば、この間、通信速度制限があるのに通信量無制限だと謳っていたモバイル回線が問題になりましたね。そのモバイル回線は、月7GBを超えると通信速度が大幅に制限され、ほとんど使えなくなってしまうにもかかわらず、通信量自体は無制限だと書いていて問題になりました。

実は、WiMAXも通信速度制限があります。3日で3GBを超えて、かつ回線が混雑しているときは、1Mbps程度まで通信速度が抑えられます。とはいっても、このくらいの速度なら大抵の作業は普通にできます。なので、通信量無制限と書いていても問題になりません。

他のモバイル回線は、多くても月7GBまでなので、この点で圧倒的な差があります。月7GBだと、外でちょっと使うとオーバーしてしまうので、本格的にメインの回線としてつかうことはできません。

これがWiMAXが最も優れている理由です。